活動報告

第204回通常国会開会


本日、第204回通常国会が開会となりました。
今国会では新型コロナウイルス対策の強化に向けた新型インフルエンザ等対策措置法改正案や第三次補正予算・来年度予算など国民生活に直結する多くの重要法案を審議します。
外務省としても、在日米軍駐留経費負担に係る特別協定や地域的な包括的経済連携(RCEP)協定はじめ多数の条約等を国会に提出し、ご審議を頂きます。真摯に議論し、早期の国会承認を目指し、緊張感を持って国会に臨みます。
今週20日、米国ではバイデン新政権が発足します。バイデン政権との間でも、日本外交の基軸である日米同盟の更なる強化を図っていきます。
そして、今や日米同盟は二国間の関係に留まりません。「自由で開かれたインド太平洋」の実現やコロナ対策、気候変動など、国際社会の課題対応でも、日米が緊密に連携して行きます。
さらにポストコロナのルール作り、国際秩序作りでも日本がリーダーシップを発揮し、国際社会での存在感を高めていきたいと思います。