活動報告

グアテマラ訪問②

  


  


  



グアテマラでは、ブロロ外相との会談で、ワクチン支援を含む新型コロナ対応、昨年のハリケーン被害に対する日本の支援、地域情勢等について意見交換しました。

また、グアテマラが今年後半に議長国を務める中米統合機構(SICA)加盟8か国の外相との間で、オンラインも活用して会合を行い、新型コロナ対応、防災・気候変動、地域情勢、中米移民問題などの主要課題について、議論を深めました。各国からの発言を聞いて、日本への信頼や期待の大きさを改めて実感しました。

さらに、日・SICA外相会合にあわせてグアテマラに来てくれたエルサルバドルの外相との対面の会談、コスタリカ外相との電話会談も行いました。

グアテマラ北部のジャングルには、紀元3世紀から9世紀頃に隆盛を極めた多数の都市国家文明が存在しました。その中の1つがマヤ文明最大級の古代都市であったティカル遺跡で、ユネスコの複合遺産にも指定されています。

また、グアテマラ産のコーヒー豆は高品質で知られます。ちなみに、サントリーが販売している「BOSS-レインボーマウンテン」も7種類のグアテマラ産コーヒー豆を使用しています。