活動報告

サンノゼ州立大学訪問

  




今日は、全米で最も多くの卒業生をシリコンバレーに送っているサンノゼ州立大学を訪ね、ベイリー副学長と意見交換しました。
昨日のコミニティカレッジと違い、新卒学生への授業の提供が中心。その点は日本の多くの大学と似ていましたが、学生の多様性、教員ではないマネージメント層の構成や、社会のニーズに合わせて頻繁に変更するカリキュラムなど、日本の制度が学ぶことは多いと感じました。