活動報告

チュニジア、モザンビーク、南アフリカ及びモーリシャス訪問から帰国


先ほど、チュニジア、モザンビーク、南アフリカ及びモーリシャス訪問から帰国しました。いずれの国でも温かい歓迎を受け、各国外相等と突っ込んだ意見交換を行い、大変充実した出張となりました。

「自由で開かれたインド太平洋」の一番西側に位置している各国との間で、このビジョンの重要性を共有し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現を図ることで一致しました。また、TICAD8に向けた協力、国連改革、北朝鮮情勢、東シナ海や南シナ海情勢等の地域情勢についても緊密な連携で一致しました。

2022年のTICAD8開催国であるチュニジアでは、サイード大統領、ムシーシー首相を表敬し、ナフティ国務長官と会談し、TICAD8に向けた連携や二国間関係の発展への取組み等を確認しました。

高い経済発展のポテンシャルのあるモザンビークでは、ニュシ大統領を表敬し、マカモ外相と会談しました。ビジネス促進やナカラ港開発の重要性で一致しました。

アフリカ唯一のG20メンバーである南アフリカでは、パンドール外相と会談し、ラマポーザ大統領から電話を頂きました。「日・南アフリカ・パートナーシップ・フォーラム」の早期開催、ビジネス関係や人的往来の促進で一致しました。

インド洋の地政学的要衝に位置するモーリシャスでは、ジャグナット首相を表敬し、ボダ外相と会談し、油流出事故を受けた協力の進捗状況を説明しました。また、油流出事故の現場を視察したほか、現地で活動中のJICA調査団から報告を受け、労をねぎらいました。

今後も「包容力と力強さを兼ね備えた外交」を力強く推進していきます。