活動報告

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置に関し、タイ及びベトナムと協議



国際的な人の往来再開に向けた段階的措置に関し、6月18日のNSC・新型コロナウイルス感染症対策本部における決定に基づき、タイ及びベトナムとの間でそれぞれ協議を行ってきました。
その結果、両国との間で入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、双方向の往来を再開する「レジデンストラック」を7月中にも開始することとなりました。これは、主に長期滞在者、例えば、駐在員の派遣・交代などを念頭に置いたものです。具体的手続等については、近く公表したいと思います。

また、14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でのビジネス活動を可能とする「ビジネストラック」については、タイ及びベトナムとの間で、早期の運用開始に向けて、引き続き、外交ルートを通じた調整を進めていきます。

本日のNSC・新型コロナウイルス感染症対策本部における決定に基づき、ブルネイ、カンボジア、中国、香港、マカオ、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、韓国、シンガポール、台湾との調整を速やかに開始し、調整が整った国から「レジデンストラック」や「ビジネストラック」を順次導入していくことになります。その次のステップとしては、欧州の主要国、ハワイ等をこれらの仕組みの対象に入れられるか、今後検討していきたいと思います。

また、「ビジネストラック」等の調整の対象となっていない国・地域を対象として、経済上のニーズ等を勘案し、防疫上の更なる要件の下、短期間・少人数に限定した往来を認める枠組みである「ミニマム・ビジネストラック」を導入することとしました。今後その詳細を検討した上で、まずは欧米諸国との調整を開始したいと思います。

さらに、在留資格保持者等の再入国・入国を順次許可していくこととしました。まずは、我が国に生活基盤を有する方などを含む、現在出国中の再入国許可者の再入国を対象として開始していきます。

今後も、国内での感染拡大防止に万全を期しつつ、国際的な人の往来の部分的・段階的な再開に向けた取組を進めていこうと思います。