TV会見・記者会見

茂木経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成26年5月13日(火)
9:53~9:54

於:参議院議員食堂前廊下

(冒頭発言)

 

 おはようございます。

 

 

(質疑応答)

【TPP交渉】
Q: TPPの首席交渉官会合がホーチミンで始まりました。期待される成果及び展望等についてお願いいたします。

 

A: 今回の首席交渉官会合、これは先日の日米首脳会談、そして閣僚同士の膝詰めの協議によりまして、大きな進展があった後、初めての首席交渉官会合ということでありまして、間合いを詰める作業、さらに進展することを期待いたしております。

 

Q: そのTPP交渉なんですけれども、焦点の知的財産権分野で著作権の保護期間を70年に一本化するという方向で固まったという報道が一部であるんですけれども、この点について大臣の御見解をお伺いできればと思います。

 

A: 知的所有権、そして知財の問題、極めて重要な交渉分野の一つだと思っておりますが、まさに交渉の過程でありまして、この分野も含めまして、内容については現段階ではつまびらかにはできません。

 

 

【夏の節電目標】
Q: 大臣、節電、夏の需給対策なんですけれども、数値つき節電目標の取り扱いについて、お伺いいたします。

 

A: まさに現在、どのような形の対策を行うか、政府において検討中であります。近々発表させていただきたいと思っております。

 

(以 上)