TV会見・記者会見

茂木経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成25年6月18日(火)
9:10~9:12

於:記者会見室

(冒頭発言)

 

 おはようございます。質問からどうぞ。

 

 

(質疑応答)

 

【G8サミット】

Q: イギリスでG8サミットが開かれていますけれども、報道ではアベノミクスに一定の評価が得られたという報道もあるように見受けられますが、これまでの成果、もしくは今後の成果について、大臣の評価と期待を教えていただけますか。

 

A: まだ1日目が終わったという段階ですが、昨日の世界経済セッションにおいては、安倍総理が日本の成長戦略について説明をし、コミュニケでは日本の成長は短期の財政刺激策、大胆な金融政策、そして民間投資を推進する成長戦略に支えられているという共通認識が出されております。
安倍政権の成長戦略は、各国から歓迎をされ、日本経済が世界経済を引っ張っていくことが期待されていると、このように認識をいたしております。

 

 

【設備投資減税】

Q: 昨日、麻生大臣が設備投資減税に関連して、設備投資の一括償却も含めて考えなければいけないと発言されたようですけれども、この点について、今の検討状況などを教えていただけますでしょうか。

 

A: 今回の成長戦略の大きな一つの柱が設備投資の拡大、今後3年間の集中投資期間で、設備投資水準をリーマンショック前の70兆円以上に戻していくということにしております。
このため、税制改正の一つの大きな柱が、国内に思い切った設備投資を行うような企業への即時償却制度のような大胆な減税措置を秋に向けて、スピード感を持って進めることだと考えておりまして、麻生財務大臣がこの点について理解を示していただいたというのは、大変心強いと、このように思っております。

 

 

 

 

 

(以 上)